このサイトは、おっさんひとり飯の「旧サイト」です。
新サイトはこちら
へ移動しました。
なんでサイトを移動したの?⇒ こちら

2011-03-02

豚汁で冷や酒

このごろ

「池波正太郎」

に、僕はほんとにハマってしまっていて、いままた新しい本も読んでいるのだけれど、まあそのことは、読み終わったら書くつもりだが、いろいろなことに、すごく影響をうけてしまっている。

池波の独特な文体が、「魔術」かと思うような吸引力があるのと、あとは池波は、若いころとにかく、遊びたおした人だから、遊び方、というのはすなわち、飲み食いの仕方を、「知っている」ということだとおもうのだよな。

それで池波がする飲み食いを、自分もしてみたいと強烈におもってしまうというわけで、なんだか中学生にもどって、ショーケンの真似をして、「給食の牛乳の栓を口であけてしまう」というような、そんな気分なのだ。

「そうざい料理帖」にも出てくるのだけれど、池波はけっこう、「汁物」をさかなに酒をのむということをしていて、どこだかの料理屋で、ふところがさびしかったので、

「鯛の刺身と蛤の吸物」

で酒を一本のみ、そのあと半分残しておいた刺身で、ごはんを一ぜん食べるという、なんともしゃれた光景も登場するし、「三井老人」の家に、「井上留吉」と遊びにいったとき、酒といっしょに

「軍鶏鍋」

がでたというはなしもある。

僕はいままで、汁物というのは、酒をのみ終わってから、「シメ」として食すものであると、なんとなく勝手におもっていたのだが、何もそうでなくたっていいわけだ。

これはいわば、

「ラーメンを食べながら、ビールをのむ」

というような話で、ビールの友は、「キムチとギョウザ」と決め付けずに、ラーメンも仲間に入れてやるというところに、なんとはなしにふところの深い、大人の風情を感じるというわけなのだよな。

というわけで昨日は、グルメシティへ買い物にいって、なにか汁物をつくろうとおもい、いろいろ考えたのだが、どうも

「豚汁」

の気分だったのだ。しかもゴマ油やニンニク、玉ネギなどをつかった、こってりとしたものではなく、いやこちらは池波正太郎なわけだから、だしがしっかりときいた、端正な豚汁が食べてみたいとおもった。

豚肉は、池波正太郎は

「コマ肉」

なのだ。昨日のグルメシティは「一の市」で、京都産の豚バラ肉も、かなり安くでていたのだけれど、ここはあえて、コマ肉をえらんでみた。

野菜をどうするか、これはかなり考えて、まず「ニンジン」は、はやばやと確定。端正な味というと、やはり「大根」もほしいところだ。

豚肉に味噌味というと、黄金の力を発揮する「玉ネギ」は、端正でなくなるから、後ろ髪をひかれながらもパス。そのかわり「長ネギ」。

それに加えて、「ジャガイモ」を入れようかどうしようか、これを入れると、端正さからはちょっとはずれることになるし、かなり悩んだのだが、やはり豚汁に、「ホクホクの」ジャガイモははずせない。

端正さという意味では、ほんとは「豆腐」だが、しかしやはり、汁をたっぷりと吸いこむ「油揚げ」。「ゴボウ」も入れたいところだったが、一本まるごとは多すぎるので、今回はあきらめた。

まず昆布とだしパックで、かなりしっかりと「だし」をとる。

そこに酒とみりん、隠し味ていどの淡口しょうゆ、それにチューブのショウガで味をつけ、まず豚肉、それからニンジン、大根、ジャガイモ。

アクは、海軍にならって取らない。アクを取るというのは、肉のばあい、ほとんどは見た目の問題であって、

「アクも味のうち・・・・・・」

おいしい肉汁がしみ出してきて、それが煮汁によって凝固したのがアクなのだから、味噌味のようなコッテリとした味付けの場合、取ってしまわないほうがうまいのだ。

5分ほど煮たら、そこに油揚げと長ネギ。

ひと煮して、味噌を溶き入れて出来上がり。

これは、マジで、「劇ウマ」だったです。

酒は佐々木酒造「古都」の冷やを2合半。

「汁物をさかなに日本酒」

これはカナリの新境地を開拓したと、僕は思いました。


 


ショーケンが、牛乳の栓を口であける現場です。

4 件のコメント:

  1. 僕も池波さんのエッセイは全制覇してます。文体に味があって面白いですよね。 あと、劇作家をされていただけあって、文章にも「間」があって、そこが美しい。 

    返信削除
  2. 増井さん、そうですか^^
    いやでも、気持わかります。
    池波正太郎は、中毒性ありますよね。
    僕もエッセイ、全読破しそうな気がします。
    そうそう、そのとおりで、劇作家ならではの、絶妙なリズム感があって、僕がサザンやツェッペリンが好きなのと、まったく同じ理由ですね、池波正太郎をいいと思うのはw

    返信削除
  3. 高野さん こんばんは
    おおお 豚汁で酒! あれは死にますね。
    残り豚汁に餅を入れて雑煮にしても最高に焼酎に合います!
    汁をたっぷりにして、それをずずずと啜り、餅を ぶに~っと噛み伸ばし・・・

    ときに、高野さんのブログも中毒性 濃いです。
    1日の始めに読むのをぐっと我慢して、さらに腹に力を入れて耐え、
    3日ぶん溜めてからリッチに読む、という不気味なこともしています。

    返信削除
  4. くるっちょんさん、あ、餅、なるほど、うまそうですね^^

    僕のブログ、あはは、そうですか、嬉しいです、ありがとうございます^^

    返信削除