このサイトは、おっさんひとり飯の「旧サイト」です。
新サイトはこちら
へ移動しました。
なんでサイトを移動したの?⇒ こちら

2012-03-04

一人暮らしが買わない方がいい調理器具。
「ハマグリの潮汁」「イカと里芋の煮物」


入学や転勤などで、一人暮らしをこれから始める人も、少なくないだろう。

当然自炊しようと意気込んで、調理器具なども色々そろえることになる。

初めて親元を離れるなどということになれば、親があれやこれやと気を遣い、見繕ってくれることにもなるんだろう。

でも調理器具は、けっこうかさばるものもあるから、下手に買い込んでしまうと、ただでさえも狭いワンルームマンションのキッチンが、身動きが取れないことになってしまうこともある。



親はよかれと思い、必要な調理器具を選んでくれるわけなのだが、その「必要」は、「家族全員分のご飯を作るために」ということだ。

しかし主婦が家族の食事を作るのと、一人暮らしで自分一人のための食事を作ることでは、根本的にちがうところがある。

4人とか5人分の食事を作るのならば、かけてもおかしくない手間が、一人分の食事を作るには、馬鹿らしいことも少なくない。

だから調理器具は、いきなり色々そろえてしまうのでなく、まず最小限のものだけを買い、どうしても必要だということになってから、増やしていくようにしたほうがいい。



ふつう絶対必要だと思われていながら、意外に必要ではないものは色々ある。

たとえば、「ザルとボウル」。

まずボウルは、まちがいなく必要ない。

ラーメンやうどんのどんぶり、それに鍋などで代用できる。

調理器具は、もしほかのもので代用できるのなら、買わないほうがいい。

ボウルなどあると、狭い戸棚の場所を大きくふさぐことになり、ほんとうに邪魔くさい。



ザルも、必要かどうか、よくよく考えたほうがいい。

ザルがどうしても必要になるのは、そうめんを茹でたあと水にさらすときと、だしを濾すときだけだ。

それ以外のときは、何とか工夫すれば、ザルなしで対応できる。

ザルも大きいし、洗うのも意外に面倒だから、もしそれほどそうめんも食べないし、だしも濾さないのであれば、ない方がいい。



一人暮らしをするのなら、「鍋料理」がラクだろうと考え、土鍋を買おうとする人もいるだろう。

しかし土鍋は、まず必要ない。

鍋はフライパンでやれば十分だ。

大きくて重く、しかも扱いがめんどうな土鍋は、よっぽど毎日のように鍋をするようになってから、買うようにしても遅くない。



しかし調理器具のうち、一人暮らしに最も必要ないものは、「炊飯器」だと思う。

炊飯器を買ってしまったために、料理をしなくなるということも、あるのではないかと思うくらいだ。

まず炊飯器は、邪魔くさいことはなはだしい。

ワンルームのキッチンには、まずまちがいなく置く場所がなく、リビングの隅にでも置くことになるはずだ。

洗うのも面倒くさい。

炊飯器から内釜と中ぶたを外し、さらに中ぶたのパッキンを外すことを考えただけで、気が遠くなりそうだ。



しかし何より大きいのは、炊飯器があると、どうしても「ご飯」を中心とした献立を考えることになることだ。

このことが、じつは一人暮らしが料理をしなくなる、諸悪の根源ではないかと思えるところがある。

ご飯を中心とした献立を考えると、どうしたって「1汁3菜」、汁物に、おかずが3品はないと、寂しい感じがしてしまう。

1汁3菜を毎日作るのは、けっこう大変なのはまちがいない。



これをご飯でなく、「うどん」にしたら、献立は非常に簡単になる。

うどんは、肉でも野菜でもいっしょに煮込んでしまえば出来てしまうから、鍋ひとつで作ることができる。

うどんすきや鍋焼きうどんにすれば、豪華なごちそうの雰囲気さえ漂ってくる。

うどんは、スーパーで売っている冷凍うどんを買えば、下手なうどん屋よりよっぽどおいしい。



だからまず、ほんとうに家でご飯を炊かなければならないのか、うどんではダメなのか、よくよく考えてみる必要があるだろう。

ご飯を食べるのは、ランチの定食にすることにしたって悪くない。

どうしても家でご飯が炊きたくなったら、小さな片手鍋があれば、それで十分おいしいご飯が炊ける。

特に夜、酒を飲む人ならば、炊飯器はまずまちがいなく必要ないと、太鼓判を押したいところだ。



ちなみに、電子レンジは、言うまでもなく必要ない。







ひな祭りには、ハマグリの吸い物と寿司を食べるものだそうだ。

理由はいろいろあるらしいが、ハマグリの吸い物と寿司といえば、べつにひな祭りに限ったことでなく、日本の代表的なごちそうの一つだろう。

ハマグリは、縄文時代から食べられてきているそうだが、たしかに味といい、だしといい、濃厚なうま味がありながら、クセがなく上品で、まさに日本人の好みに合っている。

最近では水質汚染のため、漁獲量が激減しているのは残念なことだ。



ハマグリの一番おいしい食べ方は、やはり潮汁だろう。

塩水に1時間ほどつけ、砂を吐き出させたハマグリを、昆布だしにたっぷりの酒をふり入れた汁で煮る。

貝が開いたらアクを取り、塩とうすくち醤油で味付けすれば出来あがり。

好みでシメジなどを入れたり、三つ葉を浮かべたりしてもいい。

ハマグリは、中国産なら安いし、潮汁も簡単だから、一人暮らしにもうれしいところだ。

アサリやシジミなども、潮汁の作り方はまったくおなじ。



あとはイカと里芋の煮物。

京都には「小芋」と呼ばれる、里芋の小さなのが売っていて、たわしでこするだけで皮がきれいにむけてしまう。

10分ほど下茹でして、イカと一緒に5分ほど炊く。

しばらく煮汁につけたままにして、味をしみさせる。



ピーマンの茹でたの。

ピーマンの食べ方としては、まちがいなくこれがいちばん簡単だ。

細く切ったピーマンをサッと塩ゆでし、水に取らずにそのまま冷やす。

かつお節をかけ、ポン酢で食べる。



潮汁は、翌日のうどんにもなる。




4 件のコメント:

  1. たまたまぶらっとパソコンを見ていたらあまりに美味しそうな写真のブログ!!!
    すごいですね。
    お料理楽しんでますね。
    私も見習わないと・・・という気持ちにさせていただきました。
    ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. ハマンサさん、ブログを見ていただきありがとうございます。
      またお褒めの言葉もいただき、大変嬉しいです。
      こちらこそ、ありがとうございます。

      削除
  2. 美味しそうですがお釜あらうのさえメンドクサいなんて(^-^;

    返信削除